平日19:30まで診察 射水市にある歯科医院 歯医者

一般歯科 ~歯やお口に関するよくあるご相談はこちら~

一般歯科イメージ

 当院では、虫歯治療、歯周病治療、いびき治療、義歯作成、抜歯、歯磨き指導、フッ素塗布など一通りの保険治療を行っています。「虫歯ができた」「歯が欠けた」「歯が痛い」「歯茎から血が出る」「入れ歯が欲しい」などの主訴は一般歯科で対応します。
その他、射水市の妊婦歯科検診・節目検診(40,50,60歳)、後期高齢者歯科検診、各企業が実施する検診等も実施しています。

 

 

※当院は射水市にあるため市外の妊婦歯科検診と節目検診はお受けできません。
※厚生連高岡病院・高岡市民病院と緊急時連絡体制をとっています。

 

 

虫歯治療 ~できるだけ歯を削らない虫歯治療~

虫歯イメージ

 当院では基本方針として「できるだけ歯を削らない治療」を行っています。当たり前のことですが、歯は一度削ると元には戻せません。ですから削るという事はとても勿体ないことです。進行具合にもよりますが、初期の虫歯は進行止め(サホライド)を塗布したり、削らずレーザーを使って治療したりしています。虫歯で黒くなった部分にレーザーを当て侵された組織を弾き飛ばすのです。虫歯が大きく神経にまで及んでしまった場合は麻酔後に削らせていただきますが、その際も切削量は最小限にとどめます。
 また私(院長)は保存科出身で歯を残すための根管治療を得意としています。再度痛みを引き起こすことのない完璧な治療を目指し、再びしっかり噛めるよう補綴までサポートいたします。

ページのトップに戻る

 

 

歯周病治療 ~プラーク・歯石の除去をめざし根気強く臨む治療~

歯周病イメージ

 歯周病の原因はただ一つ、プラーク(歯の表面についた細菌の塊)とされています。ですから「歯がぐらぐらする」「歯がぬけそう」という主訴で来院された歯周病の方に、「まず普段の歯磨きをしてみてください。もっと効果的なブラッシング方法をお教えしますから」という話からはじめると、残念なことに多くの方が途中で通院放棄されます。「直接自分には関係ない話をされた」「すぐに治して欲しいのに応えてくれなかった」等と思われるのでしょうか・・・。プラークを取り除くことこそ、歯周病の治療です。歯磨きのために毎日来院できる方は別ですが、基本的にそれは毎日ご自身で行わなければならないことなのです。それができた上で初めてプロによる歯周病治療が意味を持ちます。長い時間かけてできた口腔環境は、同じかそれ以上の時間をかけて治していく。そんな根気強さ、気長さで一緒に治していきましょう。

ページのトップに戻る

 

 

入れ歯作製 ~失ってしまった歯を補う、取り外しの歯~

入れ歯イメージ

 当院では保険診療と自由診療、両方の入れ歯作製を行っています。入れ歯初心者には第一段階として、入れ歯のある生活に慣れていただくため保険の入れ歯をお勧めすることが多いです。使い慣れた方にはご希望でワンランク上の快適な入れ歯をご提案・作製させていただいています。
 入れ歯は「義手」や「義足」と同様に「義歯」とも呼ばれ、自分が持って生まれた体の一部ではありません。ですから、もともと使い勝手の難しいものです。煩わしいことも多いと思いますが、「食べる」「噛む」「喋る」「笑う」など、入れ歯は人生を謳歌する上で欠かせません。少しでもそのためのお手伝いができれば幸いです。

 

保険と自費の入れ歯比較模型 保険と自費の入れ歯比較模型 保険と自費の入れ歯比較模型

保険で作成した部分入れ歯(写真左)と、自由診療で作成した部分入れ歯エコスマートデンチャー(写真右)の比較。(写真中央)は、解りやすいよう両方並べた模型です。ちなみに当院の入れ歯部門需要No.1は(写真中央の右)と(写真右)のエコスマートデンチャーです。

 

 

2018.2月更新
入れ歯に関するニーズは様々です。こだわりの強い方、「先生、お任せすっちゃ!」と言ってくださる方、形(デザイン)はもちろん材質にも人の数だけ違いがあります。よく言われる「出来る限り薄くて違和感の少ない入れ歯」というのも、お口に麻痺のある方にはあまり都合が良くなく、むしろしっかりと厚みのあるほうが良かったりします。人それぞれにチョイスが異なり、「入れ歯」というのは実に奥深いものだなと、難しさとともにやりがいを日々感じています。
新しい選択肢として、保険外になりますが、やわらかい(クッション性のある)コンフォートデンチャーも製作しています。

 

保険の入れ歯

保険適応の入れ歯。総入れ歯、部分入れ歯、どちらにも対応可。

 

薄い入れ歯

金属床と呼ばれる総入れ歯。金属を使用するので薄くでき、違和感が少ないと言われています。また熱伝導率がよいため食事が楽しいという点も大きなメリットでしょう。当院で金属床の価格は25万ですが、金属床に限り保険適用金額を差引することが認められています。つまり窓口負担は、(25万円)-(保険適用金額)となります。

 

目立たない入れ歯

もともと歯の治療中に用いる仮の歯として誕生したものだそうで、当院ではスマートデンチャーと呼んでいます。指で少し曲がる柔らかい素材で、バネに金属を使いません。そのため1本や2本など、何らかの理由で少数の歯を失ってしまった方が、審美性を気にして選択されることがあります。実際は、仮の歯として生まれただけあり噛む力があまり期待できないので、第一選択になることは当院では稀です。

 

薄い入れ歯と目立たない入れ歯の融合

当院需要1位のエコスマートデンチャー金属床スマートデンチャーの良い所を融合させたものです。

 

柔らかい入れ歯

やわらかくクッション性のある入れ歯でコンフォートデンチャーと呼んでいます。口腔粘膜の過敏など、やむを得ない特殊な場合にのみ採用しています。こちらのメリット・デメリットは少々伝わりにくいため、時間をかけて皆さまにご説明しています。また特別企画として、スタジオアリスの写真券が当たる期間限定キャンペーン(2018.3.1~2018.6.30)も実施しています。

 

当院の症例1
コンフォートデンチャー表.jpg コンフォートデンチャー裏.jpg

 上記キャンペーン期間中に新規製作されたコンフォートデンチャーをご紹介します。日常的に漢方薬を服用していただいたり、潤いキープジェルを使用していただいたりしても口腔内の粘膜が乾きやすく、また入れ歯と歯茎のスレや痛みに対して通常より敏感といえる患者さんに製作(下顎のみ)しました。実際に触っていただかないとうまく伝わらないかもしれませんが、歯茎に当たる部分がやわらかい素材でできています。

 

 しばらく使って頂いて後日様子を尋ねたところ、「それまでおかゆさんしか食べられなかったのに、久々にご飯が食べられた!」と言って喜んでおられました。私(院長)としては歯茎が痩せるのを懸念し、柔らかい入れ歯作製にはかなりの躊躇があったのですが、そう言っていただけるとこの症例には正解だったのかなという気がしています。

 

ページのトップに戻る

 

 

顎関節症治療 ~顎の痛みも放置はNG。早期治療が肝心!~

顎痛いイメージ

 当院では西村式の顎関節治療を取り入れています。「顎が痛い」「口が開かない」「コキコキ音がする」等の訴えは顎関節症の疑いがあります。
 顎関節症は食いしばりが原因です。食いしばりさえしなければ状態は徐々に良くなるでしょう。食いしばりには夜寝ている時のものと、日中のものがあります。日中の食いしばりは意識的に歯を数ミリ離すことで緩和できます。しかし問題なのは、わかっていても日中くいしばってしまうケースと、夜寝ている時くいしばってしまうケースです。就寝中は誰も意識できませんよね。
 そこで解決方法として、いつ食いしばっても身体に負担をかけないスプリントを装着していただきます。噛まないように意識する、それでだめなら噛ませないようにする、そんな具合です。この装置を使うことで多くの方が劇的に症状改善しています。患者さんの中には「この装置があると無いとでは肩こりの具合が全然違う」といって、壊れるたびに再製を希望される方もいらっしゃいます。

ページのトップに戻る

 

 

いびき治療 ~あなたのいびきが歯科で治せるかもしれません~

いびきイメージ

 いびき治療と聞いてもピンとこない方が多いかもしれませんが、いびきは睡眠の質と密接に関係し、場合によっては命に係わる重要なサインです。
 歯科医院で行ういびき治療は、マウスピース型の口腔内装置(スリープスプリント)を使った治療をいいます。当然ながら睡眠中に装着するもので、睡眠時無呼吸症候群(軽度~中等度)と診断された方の第一選択となっています。を最適な位置におくことで睡眠中の気道閉塞を防ぐというもので、CPAP治療でよい反応が得られない人にも有望です。
 このいびき治療を保険で受けるには内科や耳鼻科など医科からの紹介状が必要となります。医科歯科連携治療のため選択肢は多い方がお役に立てると考え、当院では保険診療と自由診療の両方に対応しています。いずれも型取り後にマウスピースをオーダーメイドし、調整・装着という流れになります。装置の清掃やお手入れ方法、ご自身での取り外しについても指導いたします。

 

 

院内で作製した保険診療のスリープスプリント

保険診療いびき用マウスピース

上下の歯に装着する2つのマウスピースが固定された上下一体型です。型取り~装着までは約1週間で窓口負担は約7000円。装着すればそれで終了というものではなく、装着後も何度かの微調整が必要です。

 

 

 

自由診療プレオルソのスリープスプリント

いびきプレオルソ

矯正用のプレオルソは青色ですが、いびき治療用は透明色のマウスピース。下顎を前方に出すとともに睡眠時の舌を持ち上げるよう作られています。(舌の挙上を考えて作られているのはこちらのみ)使い方にもよりますが素材の特性上、耐用年数は約1年といわれています。割と分厚いため嘔吐反射の強い方には不向きです。
 ちなみに写真は私(院長)のスプリントです。実際に鼻が悪くいびきをかくことがあるので自ら被験者となってその有意義性を確かめています。

 

 

自由診療ソムノデント

ソムノデント模型

下顎を安定させ前方に移動させることを目的に作られています。上下分離型なので装置をつけながらあくびやくしゃみ、飲み物を飲むことも可能です。30か月の保証付きでトータルコストは18万円。高額ではありますが、保険のスリープスプリントやCPAP治療に比べて拘束感が少なく、交換部分や付属品がほとんどない柔軟な装置です。毎月医科でCPAP装置をレンタルすることを考えると(独自調査によると月々相場4000円前後)、そこまで理不尽な値段設定ではないと思います。むしろ装着時の快適さを合わせるとソムノデントの方がコストパフォーマンスに優れているのではないでしょうか。またソムノデントは唯一入れ歯の方にも対応しています。
※保険・自費ともに医療費控除の対象です。

 

 

当院の症例1
実際患者さんに装着したソムノデント上下.jpg 実際患者さんに装着したソムノデント上下合わせたところ.jpg

 60代女性に装着したソムノデント。最初に保険のスリープスプリントを製作・装着されていましたが、「もっと着け心地の良いものが欲しい」とのことで、ソムノデントにも挑戦されました。三角のツノが生えたようなマウスピースが下顎用で、上顎用マウスピースには左右に調節用のバネが仕組まれています。そして、写真ではなかなかお伝えできませんが、歯と接触する部分が少し柔らかいクッション性のある素材になっています。そのため保険のスリープスプリントに比べると装着感が良いというお声を実際にいただきました。

 

睡眠コーナー

待合室の睡眠コーナー。

保険のスリープスプリント

自費のソムノデントプレオルソ

実際に手に取ってご覧いただけます。

 

 

 

 

実は危険。死に直結するいびき

 いびきは、気道が何らかの原因で狭まることで起こります。中でも、眠っても疲れが取れない睡眠時無呼吸症候群は、放置すれば居眠り運転事故など引き起こしかねません。新幹線やバスの運転手さんが居眠り運転をしたニュースもありました。他にも脳卒中は4倍、虚血性心疾患は3倍、高血圧は2倍、糖尿病は4倍とリスクがあがり、さらに突然死を引き起こしてしまう可能性もあります。自分のいびきを放置するか、何か対策をとるかはあなた次第です。次のことが当てはまったりしませんか?セルフチェックしてみましょう。富山市歯科医師会HPでも詳しく説明されています。

 

<夜>いびきをかく、不眠、中途覚醒する、よだれが垂れる、頻尿、寝汗
<昼>ねむけ、記憶障害、頭痛、口腔乾燥、うつ

 

ページのトップに戻る

 

 

 

バクテリアテラピー ~お口の細菌コントロールで全身元気に?~

バクテリアテラピー

 当院では予防の観点から2013年よりバクテリアテラピーを導入しています。バクテリアセラピーとはスウェーデンのバイオガイア社によって臨床実用化が進められている「細菌療法」で、善玉菌で体内菌の質やバランスを改善し、疾病予防や治療に役立てようという先進医療技術です。
 取り入れ方は簡単。乳酸菌入りタブレットを噛まずに口の中で溶かすだけ!乳酸菌も母乳由来なのでアレルギーの心配がなく、子どもからお年寄りまで治療中の方でも気軽にはじめることができます。
 中でも特筆すべきことは、乳酸菌が全身に「うれしい」副作用をもたらしてくれるということ。なんとアトピーや花粉症の軽減、ピロリ菌数の減少、お通じの改善といった「うれしい」研究結果がいくつも発表されているのです。
 当院で歯周病の治療を続けながらも改善傾向の見られなかった患者さんに治療と平行してこのバイオガイア社の乳酸菌タブレットを摂取し続けてもらったところ、不安定な状態を乗り越えて数年間安定した状態を保つことができています。
「治療しても治療しても虫歯ができる」「子どもが胃腸炎を繰り返す」など、お口から全身までのさまざまな悩みにバイオの力が役立つことでしょう。

 

プロデンティス関連雑誌

待合室にあるプロデンティス関連雑誌3冊

 

受付販売

 

バイオガイア社

「プロデンティス」

1錠(108円)から受付にて販売しています

 

ページのトップに戻る

 

 

漢方薬 ~日本人の体質には東洋医学や漢方が効く?~

漢方薬イメージ

 現在、歯科で処方可能な漢方薬は保険上7種類あります。当院では他の薬との飲み合わせや副作用の心配などから、年配の方だけでなく比較的若い方からも一定のニーズがあります。そのため7種を常備し患者さんの体質に合ったものを処方しています。

 

ページのトップに戻る

 

 

レーザーを使った治療 ~見えないながらも幅広い主訴に威力を発揮~

レーザー

 当院では痛みや不快感のない治療を目指してNd-YAGレーザーを採用しています。レーザー治療は以下のような症状に効果的です。

 

口内炎の治療(痛みを和らげます)

小さな虫歯の治療(余分な部分を削ることなく、虫歯の部分のみを除去します)

虫歯の予防(歯の表面を強化します)

根管治療(歯の神経の治療に用います)

歯周病・歯周疾患の治療(このレーザーは特に有効と言われています)

歯グキの黒ずみの除去(メラニン色素を飛ばします)

知覚過敏の治療(冷たいものがしみる方に)

顎関節症(あごの関節が痛む方)

 

レーザー治療の安全性は十分に立証されており、妊婦さんやペースメーカーをお使いの方でも影響はありません。安心して治療を受けていただけます。

 

 

スプリントテック ~マウスピースを使った仮の歯~

 何らかの原因で歯を失ってしまい早急に仮の歯を入れたい。そんなとき残っている歯の数や咬み合わせ、歯と歯茎の状態などから、通常の仮歯を入れてもすぐに取れることが想定される場合があります。当院ではそんな場合のもう一つの選択肢としてマウスピースを使った仮歯を製作することがあります。
 過去に、兄弟げんかで前歯を1本だけ折ってしまった子や、次の日曜に大切な展示会があるのに歯周病で歯が抜け抜けてしまった方の応急処置、入れ歯作成期間をつなぐものとしてなど多数作成してきました。

 

当院の症例1

取れてしまった差し歯をそのまま用いたスプリントテック

スプリントテック

スプリントテック

 

 

 

 

 

トップページに戻る

ページのトップに戻る

関連ページ

ヒューマンブリッジ
事故や虫歯などによって、大切な歯を1本失ってしまった場合を想像してみてください。一本だけの取り外しの入れ歯をつくりますか?それとも顎の骨に金属を埋め込み人工の歯を立てるインプラントにしますか?もしくは、神経の有無に関わらず両隣の歯を大きく削らなければならないブリッジもあります。この中から1つ選んでくださいと言われたら、あなたならどうでしょう。「これにします!」と即答できるでしょうか?まだまだ未熟な私の経験上ですが、この場合、多くの意見が割と同じように思います。
小児歯科
歯医者さんに恐いイメージがあるために、診察台を見るだけで泣いてしまう、あるいは診察室に入ることすらできないお子さんがいます。そのような場合はまず、緊張をほぐすことからはじめましょう。自分から口が開けられるようになるまで、少しずつ練習していきましょう。通院回数はかかるかもしれませんが、家族の皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。
矯正歯科
当院で主に手掛けているのは小児向けのプレオルソと、成人向けのクリアアライナーというマウスピース型の矯正治療です。マウスピースを使った矯正は痛みが少ないこと、自分でいつでも取り外せること、またブラケットを使った本格矯正よりも比較的安価なことなどから年齢を問わず人気があります。
訪問歯科
国際連合は1956年報告書で、65歳以上の高齢者が総人口に占める割合を「高齢化率」とし、高齢化率7%以上を「高齢化社会」、14%以上を「高齢社会」、21%以上を「超高齢社会」としました。日本の高齢化は世界でも急速に進んでおり、平成28年はなんと驚異の27.3%です。
管楽器歯科
私(院長)は幼い頃から音楽が好きで、今でもプライベートで鑑賞したり、仲間とファゴットを演奏したりしています。同じように音楽を愛し、管楽器や弦楽器を楽しまれる方はたくさんいます。しかし管楽器と歯の関係や、歯と音の出方などに興味があり、楽器ごとのアンブッシュアもイメージできる歯科医師はあまりいません。
審美歯科
ホワイトニングとは、「歯そのものの色を白くすること」をいいます。ですので「歯をきれいにする」と一言で言っても、歯の表面に付いた煙草のヤニやコーヒー・赤ワインで付くステインをとることとは、正確には意味合いが異なります。人の顔や体が一人ひとり異なるように、歯の色や形もまた十人十色。個性があります。