平日19:30まで診察 射水市にある歯科医院 歯医者

ヒューマンブリッジ ~大切な歯を失ってしまった場合の新しい選択肢~

ヒューマンブリッジを説明する場面

 

 事故や虫歯などによって、大切な歯を1本失ってしまった場合を想像してみてください。一本だけの取り外しの入れ歯をつくりますか?それとも顎の骨に金属を埋め込み人工の歯を立てるインプラントにしますか?もしくは、神経の有無に関わらず両隣の歯を大きく削らなければならないブリッジもあります。この中から1つ選んでくださいと言われたら、あなたならどうでしょう。「これにします!」と即答できるでしょうか?まだまだ未熟な私の経験上ですが、この場合、多くの意見が割と同じように思います。

 

「入れ歯はしっかり噛めないし、取り外しが面倒くさいから論外」
「インプラントは手術が怖い。その後も心配・・・」

そしてブリッジのシュミレーションアニメを見てもらうと、
「えっ!こんなにたくさん削るの・・・?」
と一瞬ショックを受けたような顔に。
少し前まではこんな状況になると消去法でブリッジを選択される方が多数でした。でも正直なところ「隣の歯が勿体ない」と思いませんか。私(院長)は思います。そこで新しい選択肢として生まれたのがヒューマンブリッジです。「もっと他にいい方法はないの?」と思われた方にヒューマンブリッジが適応可能かもしれません。

 

 ヒューマンブリッジは2008年頃韓国で考案された最先端歯科医療で、数年前に日本にもたらされました。日本ではまだ歴史の浅い治療法ですが、臨床研究と各病院による検証手続きを経て臨床標準として採択されました。インプラントブリッジの中間的位置付けの補綴方法で短期間で装着できます。また心臓病、高血圧、糖尿病などの全身疾患があるためにインプラントができない患者さんにも施術可能です。

 

 最先端ときくと複雑な治療をイメージしがちですが、ヒューマンブリッジの治療ステップは至極シンプルです。

 

ステップ① 両隣の歯のエナメル質にわずかな溝を入れ、※麻酔不要
ステップ② 特注のパーツ(白金加金使用)を取り付け、
ステップ③ そこに特注の人工歯をはめ込む。※取り外し不可

 

ヒューマンブリッジイメージ

ヒューマンブリッジイメージ

 

 大前提ですが歯は一度削ってしまうと元には戻せません。そして歯の表面のエナメル質、これは人間の体で最も硬い組織ですが、これを削ってなくしてしまうということは歯に良くないことです。一般的に被せ物や詰め物をする場合、つまりここではブリッジの場合、エナメル質の下の象牙質まで削る必要があります。この象牙質部分まで削ってしまうと、どうしてもブリッジと歯との間に経年による隙間が生じ、再度虫歯になる可能性(二次カリエス)が高くなります。またブリッジには歯と歯の平行性が必要なため、場合によっては健康な歯でも神経を抜かなければならないということが起こります。

ブリッジ治療の流れイラスト

 

ブリッジは橋げたとなる歯を
大きく削る必要があります。

 

 一方ヒューマンブリッジは可能な限り歯質を残します。削るのはエナメル質にわずかな溝を入れるだけ。ほとんど削らないので麻酔も必要ありません。当然、削る時間もないに等しいくらい短く患者さんにとって苦痛の少ない治療といえます。ただしどんな場合にも適応可というものではなく、補綴である以上、構造上いくつかの条件があります。またパーツには白金加金(ゴールドを加えたプラチナ)を使用します。そのため、コストは30万円~とインプラントに匹敵します。もちろん保険適応外の治療です。ただし医療費控除の対象になりますす。

 

インプラント・ブリッジ
歯や骨をたくさん削る対価としての治療費。

 

それに対し、

 

ヒューマンブリッジ
極力歯を削らないための3次元的構造設計と材料(白金加金)に対する治療費。

 

そんなイメージがわかりやすいと思います。そう、従来と考え方が全く逆なのです。ヒューマンブリッジでは歯をほとんど削らないので、たとえ将来何らかの理由でそれが駄目になったり、あるいは外したい状況になったとき、まだブリッジインプラントという選択肢が残されている可能性があります。やり直しがきくこと、何より、歯を極力削らないことに価値を置く方にお勧めの治療法といえます。デメリットをあげるならば、日本にもたらされて歴史が浅く症例数がまだ少ないので、「何年くらいもつのか」「どういった場合に取れてしまうのか」、といったご質問にお答えできない事です。一般的な選択肢として定着したならば目安としての集計データがうまれることでしょう。

 

ページのトップに戻る

 

 

 

当院の症例1

担当技工所の営業さんによると富山県内初となった症例を紹介します。
自らの撮影により照明にムラがありますがご了承ください。
20代女性 咬み合わせの不良により右下小臼歯(4番)1本を失ってしまいました。

 

●抜歯後の様子

富山県内初ヒューマンブリッジ症例

 

 

 

 

 

 

●となりの小臼歯(5番)に詰め物(保険)をしていたので一度取り外しました。

富山県内初ヒューマンブリッジ症例

 

 

 

 

 

 

●手前の前歯(3番)には裏側にわずかな溝を入れました。どこか解らないほどのわずかな溝です。精密な型取りをしたのち、パーツが出来上がるまでの間に両隣の歯が倒れたりして動かないよう、人工歯付きのマウスピース(スプリントテック)を装着していただきました。

富山県内初ヒューマンブリッジ症例

 

 

 

 

 

 

●約3週間後、完成したヒューマンブリッジのパーツを入れてみました。まず手前の前歯(3番)に装着。前からの見た目は何ら変わりません。

富山県内初ヒューマンブリッジ症例 富山県内初ヒューマンブリッジ症例

 

●そして小臼歯(5番)に装着。

富山県内初ヒューマンブリッジ症例 富山県内初ヒューマンブリッジ症例

 

●最後、真ん中の人工歯をはめこんで完成です。人工歯には白金加金にポーセレンを焼き付けてあります。この症例では、奥歯は金属の詰め物で治しましたが、それ以外は外から見ても金属のパーツが入っているようには見えません。ヒューマンブリッジは審美的にも優れた治療法です。

富山県内初ヒューマンブリッジ症例 富山県内初ヒューマンブリッジ症例

 

当院の症例2

60代男性 虫歯により左上小臼歯(5番)を失ってしまいました。
実際に装着した際の写真では上手く伝わらないと判断しましたので、模型での完成パーツ写真を織り交ぜてご紹介します。撮影技術がお粗末で申し訳ございません。

 

●隣の大臼歯(6番)に保険の銀の詰め物をしてらっしゃったので、一度外しました。そして、手前の小臼歯(4番)のエナメル質にはわずかな溝を入れました。

ヒューマンブリッジ症例2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

●両隣の歯に装着するパーツ(完成品)です。ともに小さなフックが付いており、間に失った歯を補う歯を装着します。※取り外し式ではありません。

ヒューマンブリッジ症例2.jpg ヒューマンブリッジ症例2.jpg

 

●実際に口腔内で装着した際の写真です。反対側も同時に見えるよう大きなミラーを使って撮影しています。

ヒューマンブリッジ症例2.jpg

 

 

 

 

 

 

当院の症例3

20代女性 左下大臼歯(6番)が大きな虫歯だったこと、そして根の先の膿胞が消えなかったことにより抜歯の判断をしました。
その後の処置について、こちらの患者さんはインプラントヒューマンブリッジどちらがいいか最後まで悩んでおられました。結果ヒューマンブリッジを選ばれましたが、ヒューマンブリッジを作製する前に、ひとつ隣の大臼歯(7番)に保険の銀の被せ物をされていたので、一度取り外して歯の根をキレイにする治療を行いました。「折角ヒューマンブリッジを入れたのに根の先が膿んで外さなくてはならなくなった…」というのでは勿体ないですからね。

 

●大臼歯(7番)の根の治療を終えて土台の形にしました。そして小臼歯(5番)のエナメル質にはわずかな溝を入れました。溝は写真で見てもよくわからないと思います。麻酔もいらない程の、本当にわずかな溝ですので。

ヒューマンブリッジ症例3.jpg

 

 

 

 

 

 

●小臼歯(5番)にパーツを装着しました。※取り外し式ではありません。

ヒューマンブリッジ症例3.jpg

 

 

 

 

 

 

●大臼歯(6番と7番)が2つつながったパーツを装着しました。今回、症例1・2と大きく違うのは、2パーツで構成されていることです。

ヒューマンブリッジ症例3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 ヒューマンブリッジは新しい治療法ゆえにイメージしずらい方が多くいらっしゃいます。ですのでこの治療は9割以上が説明だと思っています。一度聞いてもよく解らなかったという方は何度でもご説明いたします。模型やアニメーションを駆使してご説明いたします。歯を失ってお困りの方はぜひお気軽にご相談ください。

 

トップページに戻る

ページのトップに戻る

関連ページ

一般歯科
当院では、虫歯治療、歯周病治療、いびき治療、義歯作成、抜歯、歯磨き指導、フッ素塗布など一通りの保険治療を行っています。「虫歯ができた、歯が欠けた、歯が痛い、歯茎から血が出る」などの症状は一般歯科で扱います。その他、射水市の妊婦歯科検診・節目検診(40,50,60歳)、後期高齢者歯科検診、企業が実施する検診等も実施しています。
小児歯科
歯医者さんに恐いイメージがあるために、診察台を見るだけで泣いてしまう、あるいは診察室に入ることすらできないお子さんがいます。そのような場合はまず、緊張をほぐすことからはじめましょう。自分から口が開けられるようになるまで、少しずつ練習していきましょう。通院回数はかかるかもしれませんが、家族の皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。
矯正歯科
当院で主に手掛けているのは小児向けのプレオルソと、成人向けのクリアアライナーというマウスピース型の矯正治療です。マウスピースを使った矯正は痛みが少ないこと、自分でいつでも取り外せること、またブラケットを使った本格矯正よりも比較的安価なことなどから年齢を問わず人気があります。
訪問歯科
国際連合は1956年報告書で、65歳以上の高齢者が総人口に占める割合を「高齢化率」とし、高齢化率7%以上を「高齢化社会」、14%以上を「高齢社会」、21%以上を「超高齢社会」としました。日本の高齢化は世界でも急速に進んでおり、平成28年はなんと驚異の27.3%です。
管楽器歯科
私(院長)は幼い頃から音楽が好きで、今でもプライベートで鑑賞したり、仲間とファゴットを演奏したりしています。同じように音楽を愛し、管楽器や弦楽器を楽しまれる方はたくさんいます。しかし管楽器と歯の関係や、歯と音の出方などに興味があり、楽器ごとのアンブッシュアもイメージできる歯科医師はあまりいません。
審美歯科
ホワイトニングとは、「歯そのものの色を白くすること」をいいます。ですので「歯をきれいにする」と一言で言っても、歯の表面に付いた煙草のヤニやコーヒー・赤ワインで付くステインをとることとは、正確には意味合いが異なります。人の顔や体が一人ひとり異なるように、歯の色や形もまた十人十色。個性があります。