平日19:30まで診察 射水市にある歯科医院 歯医者

矯正歯科 ~歯並びや噛み合わせのための歯科治療~

矯正イメージ

 当院で主に手掛けているのは小児向けのプレオルソと、成人向けのクリアアライナーというマウスピース型の矯正治療です。マウスピースを使った矯正は痛みが少ないこと、自分でいつでも取り外せること、またブラケットを使った本格矯正よりも比較的安価なことなどから年齢を問わず人気があります。

 

プレオルソ

 プレオルソは矯正専門医の大塚淳先生が考案したシステムで弾力のある青色のマウスピースを使います。装着時間は就寝時間と家にいる時が目安。まだ骨の柔らかい時期(6~10歳)に使うことで大きな効果が期待できるというものです。当院では一律費用10万円に設定しています。

 

当院の症例1

下顎が上顎よりも前にでた噛み合わせの9歳男児。H30年5月にプレオルソ矯正を開始し毎日装着してもらいました。続けること4か月後の9月、ようやく上顎をジャンプさせることができました。

プレオルソ矯正症例1.jpg プレオルソ矯正症例1.jpg

 

 

クリアアライナー

 クリアアライナーは韓国のドクターが考案した矯正治療。その都度型取りをして新しいマウスピースに取り換えていき、1回の交換で0.4~1ミリ動かすことを目指します。装着時間の目安は1日最低7時間。こちらは透明マウスピースなので、昼間仕事をしながら装着していても目立ちません。費用は1回の型取り(¥5000)と装置セット(¥22000)で27000円。それが何回必要になるかは人によって異なります。プレオルソクリアアライナーも食事のたびに取り外せるため清掃がきちんとでき虫歯をつくる心配はありません。食べ物が挟まったままになっちゃった・・・なんてことにはならないのです。

 

 マウスピース矯正は気軽に始めることができる一方で、自分の意思で時間を味方につけなければ全く進展しません。小学生くらいの子に「時間を味方につけよう!」といっても少々難しいかもしれませんが、変化が見えるよう来院時に記録模型をとったり、毎日続けられるよう可愛いカレンダーを配ったり、成功例写真を一緒に見て気持ちを高めるなどして取り組んでいます。

 

 矯正をお考えの場合、子どもについてはご家族と、成人の方は自分自身と、事前によく相談してみることをおすすめします。そして完全な姿形を100点満点とするなら何点くらいを狙うのか。予算との兼ね合いも踏まえよく話し合ってみてください。矯正治療は、本人がその意味や目的を漠然とでも理解していることが結構大切だと思います。マウスピースも簡単な装置とはいえ毎日の拘束感はいなめません。専門医による本格的な矯正治療をご希望の場合は、矯正専門歯科医院にご紹介しています。呉西地区では主に、「たかた矯正歯科クリニック(高岡市京田)」、呉東地区では「坂東矯正歯科医院(富山市)」と連携して紹介させていただいています。

 

プレオルソ

プレオルソ冊子

クリアアライナー

(写真左)プレオルソには3パターンあります。(写真中央)成功例などが掲載されたプレオルソ本。(写真右)クリアアライナーは透明マウスピース矯正です。

 

参考リンク:「プレオルソ」こども歯ならび矯正法/大塚矯正歯科クリニックたかた矯正歯科クリニック坂東矯正歯科医院

 

トップページに戻る

ページのトップに戻る

関連ページ

一般歯科
当院では、虫歯治療、歯周病治療、いびき治療、義歯作成、抜歯、歯磨き指導、フッ素塗布など一通りの保険治療を行っています。「虫歯ができた、歯が欠けた、歯が痛い、歯茎から血が出る」などの症状は一般歯科で扱います。その他、射水市の妊婦歯科検診・節目検診(40,50,60歳)、後期高齢者歯科検診、企業が実施する検診等も実施しています。
ヒューマンブリッジ
事故や虫歯などによって、大切な歯を1本失ってしまった場合を想像してみてください。一本だけの取り外しの入れ歯をつくりますか?それとも顎の骨に金属を埋め込み人工の歯を立てるインプラントにしますか?もしくは、神経の有無に関わらず両隣の歯を大きく削らなければならないブリッジもあります。この中から1つ選んでくださいと言われたら、あなたならどうでしょう。「これにします!」と即答できるでしょうか?まだまだ未熟な私の経験上ですが、この場合、多くの意見が割と同じように思います。
小児歯科
歯医者さんに恐いイメージがあるために、診察台を見るだけで泣いてしまう、あるいは診察室に入ることすらできないお子さんがいます。そのような場合はまず、緊張をほぐすことからはじめましょう。自分から口が開けられるようになるまで、少しずつ練習していきましょう。通院回数はかかるかもしれませんが、家族の皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。
訪問歯科
国際連合は1956年報告書で、65歳以上の高齢者が総人口に占める割合を「高齢化率」とし、高齢化率7%以上を「高齢化社会」、14%以上を「高齢社会」、21%以上を「超高齢社会」としました。日本の高齢化は世界でも急速に進んでおり、平成28年はなんと驚異の27.3%です。
管楽器歯科
私(院長)は幼い頃から音楽が好きで、今でもプライベートで鑑賞したり、仲間とファゴットを演奏したりしています。同じように音楽を愛し、管楽器や弦楽器を楽しまれる方はたくさんいます。しかし管楽器と歯の関係や、歯と音の出方などに興味があり、楽器ごとのアンブッシュアもイメージできる歯科医師はあまりいません。
審美歯科
ホワイトニングとは、「歯そのものの色を白くすること」をいいます。ですので「歯をきれいにする」と一言で言っても、歯の表面に付いた煙草のヤニやコーヒー・赤ワインで付くステインをとることとは、正確には意味合いが異なります。人の顔や体が一人ひとり異なるように、歯の色や形もまた十人十色。個性があります。