平日19:30まで診察 射水市にある歯科医院 歯医者

小児歯科 ~小さな赤ちゃんと子どものための歯科治療~

小児歯科イメージ

 歯医者さんに恐いイメージがあるために、診察台を見るだけで泣いてしまう、あるいは診察室に入ることすらできないお子さんがいます。そのような場合はまず、緊張をほぐすことからはじめましょう。自分から口が開けられるようになるまで、少しずつ練習していきましょう。通院回数はかかるかもしれませんが、家族の皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

 

 最初から不必要に押さえつけてしまっては、「歯科医院=怖いところ」になってしまいますし、何より暴れられると治療に危険を伴います。そしてマイナスイメージを持ったまま成長すると先々通院の機会に恵まれず、早期発見・早期治療につながりにくくもなります。時間をかけてお子さんの恐怖心、口の過敏さをやわらげていきましょう。

 

 診察台を怖がるお子さんには、まずご家族に診察台に座っていただき、そのお腹の上で寝転んだ状態で診察することがあります。あるいは場所を変えて、子どもの好きなプレイルームで寝転がってすることもあります。「暴れるから迷惑じゃないかな・・・」そんな心配はいりません。誰でも最初は怖がるものです。

 

 当院では予防にフッ素塗布を行っています(¥500)。子どもの歯(乳歯)はエナメル質が薄くて柔らかく、大人の歯(永久歯)に比べて虫歯になりやすいのが特徴です。奥歯も生え、いろんなものが食べられるようになったら、そろそろ歯科医院デビューするとよいでしょう。特に、おやつや食事の時間を決めない「だらだら食い」が習慣になっていると、「ああっ!」という間に虫歯ができてしまいます。
余談ですが私(院長)も我が子を甘やかし乳歯に虫歯をつくってしまったことがあります。お恥ずかしい限りです。おやつの時間が曖昧だったと反省しています。子どもの虫歯は、決して子どもだけのせいではないのですね。

 

 このように、プラークコントロールは家族の生活習慣と深く関わっています。ぜひ時間をかけて家族みんなでデンタルIQ(歯やお口に関する意識や知識)を高めていきましょう。※フッ素塗布には、「富山子育て応援券(1枚)」がお使いになれます。

 

ガチャガチャ

受付にあるガチャガチャ。治療終了後、頑張ったご褒美にガチャガチャメダルがもらえます。

 

 

プレイルーム

プレイルームの壁にはたくさん魚が泳いでいます。天井を見上げれば青空模様が。狭い空間ですが、その方が子どもたちは落ち着いて遊べるようです。

プレイルーム

 

 

子育て応援券

 

 

 

子育て応援券。
0歳児さんは県内全域で使えます。

 

 

 

 

口腔機能育成装置『Vキッズ』 ~子どもの幸せを願う気持ちから誕生~

元気なビタミンカラー.jpg

 はじめに、『Vキッズ』は歯の矯正装置ではありません。子どもの成長しようとする力を引き出す口腔機能育成装置です。使用するのは子どもが最も成長する3~5歳。この間、生まれつき噛むのが大好きな子どもに適切な負荷を与える事で口腔環境を整備。矯正前の素地を作るだけでなく、全身的・心理的な成長促進にもつなげようとする歯科ならではのアプローチです。

 

 具体的なねらいは大きく2つ。①口腔内を広げることで良質な睡眠を確保、②顎の骨から頭頸部にかけての成長を促進。この2つです。矯正装置ではないので歯並びは変わりません。また口腔機能が育ったのちリバウンドが起こることもありません。ですから基本的に誰でもトライできる装置です。もし以下の症状の中に一つでも心当たりがあれば、十分試す価値があると思っています。

 

 

《3~5歳でこんな症状ありませんか》

 

歯科的問題

・歯と歯の間に隙間がない
・噛んだ時上の歯が下の歯に覆いかぶさっている
・お口ぽかん
・唇が腫れている
・食べるのが遅い
・食べこぼしが多い
・いびきをかく
・滑舌がイマイチ

 

全身・心理的問題

・よく耳鼻科にかかる
・すぐ風邪をひく
・姿勢が悪い
・身長が伸びない
・よく転ぶ
・おねしょする
・朝が弱い
・偏食が激しい

 

かたい食べ物イメージ.jpgかたい食べ物イメージ.jpgかたい食べ物イメージ.jpgかたい食べ物イメージ.jpgかたい食べ物イメージ.jpgかたい食べ物イメージ.jpg

 

 上写真をご覧ください。感心するほど昔の人は実によく噛む食生活をしていました。おやつからかたさのレベルが違います。今でも年配の方でイカやタコ、たくあんなど、かたいものが好きという方は多く、お陰で「歯が取れた・折れた」という例はあるものの、それでもやめられないのには訳があり、きっと気持ちが良いのだろうと考えられます。食べ物だけではありません。口笛、指笛、草笛、水笛、シャボン玉、ビードロ、紙風船…。ホオズキの実の皮で音を鳴らす遊びなども、今の子たちはどれくらい楽しんでいるでしょうか。そもそも知らないかもしれませんね。
 また年配の方だけではありません。そもそも子どもは生まれつき物を噛むのが大好きです。「噛みたい」これは顎や全身の成長にとって非常に大切な衝動で、抑えずむしろ引き出して発散させてやるべき刺激なのです。
 余談ですが、現に私(院長)の娘の好きなおやつはガムだそうです。特に何度も噛んで遊べるフーセンガムが好きみたいです。ガムが好きなんて珍しいと言われますが、実際どうなのでしょうか…。

 

 口を動かしたり噛んだりすることが重要なら、子どもの普段のおやつは昆布やスルメ、煮干しにする。食事も一口30回以上噛んでから飲み込むよう厳しく言い聞かせる。それが最も安く、手っ取り早いかもしれません。しかしたったそれだけのことが現代人には難しいですよね。ふわふわのパン、とろけるチョコ、流し込むだけのスムージーやジュース、美味しいですね。私も大好きです。今更やめられるはずがありません。そう言えば誰かが「カレーは飲み物」などと言ったそうですが、そんな食べ方は論外です。かき込みたい気持ちはわかりますが本当に飲んではいけません。

 

 「食べているぞ、喰った!」という心地よい疲労感・満足感、そして脳への刺激。そうした快感から得られる生きる喜びを、ぜひ子どもたちに味わわせてあげようではありませんか。そのために出来ることは何か。大人が子どものために心を砕いてあげられるとしたら、軟弱になってしまった現代人の生活の中で、どうやって良質な刺激を効率良く子どもに与えられるかを考え、環境整備してあげることではないでしょうか。

 

 『Vキッズ』という名前は近年ようやく付けられました。「V」は英語の「Vigorous=元気な、いきいきした」に由来しているそうです。大人がいつも考えることは、これからを生きる子どもたちがどうしたら幸せになれるかです。未来ある子どもたちが、いきいきのびのび元気に暮らせますように。その願いために大人は生きているといっても過言ではありません。『Vキッズ』には、大人の子どもへの願いがそのまま込められているのです。いい名前です。

 

 現在当院ではいくつかのマウスピース矯正を手掛けていますが、そもそも最近の子どもたちの口腔機能の成長の至らなさを日々感じ、他のアプローチを模索していました。
 また私事になりますが、現在私(院長)には6歳の娘がおり、既に上2本と下4本の乳歯が抜けました。出てきた永久歯を見ると残念なことに下顎が小さく、これから先キレイに並びそうにありません。歯科医の私に今からできることはないか。得意のマウスピース矯正?続くかな。…いや、早すぎて絶対続かんな。ではしばらくしてから本格矯正?本格矯正といえば虫歯でもない歯を便宜的に抜くことがあるのですが、それはできるだけ避けたい。本格矯正しなくても済む程度にはしてやりたい…。ぼんやりそう思っていたとき丁度出会ったのが『Vキッズ』でした。正直「やっと見つけた!私がしたいのはこれだ!」という思いでした。勉強後、最初に娘の装置を作成し実験することにしました。なんと県内初被験者だそうで少々驚いております。(2019.7加筆)

 

 我が子をはじめとする『Vキッズ』の効果や結果については、随時お知らせしていく予定です。より詳しくご覧になりたい方は、『Vキッズ』公式サイトをどうぞ

 

トップページに戻る

ページのトップに戻る

関連ページ

一般歯科
当院では、虫歯治療、歯周病治療、いびき治療、義歯作成、抜歯、歯磨き指導、フッ素塗布など一通りの保険治療を行っています。「虫歯ができた、歯が欠けた、歯が痛い、歯茎から血が出る」などの症状は一般歯科で扱います。その他、射水市の妊婦歯科検診・節目検診(40,50,60歳)、後期高齢者歯科検診、企業が実施する検診等も実施しています。
ヒューマンブリッジ
事故や虫歯などによって、大切な歯を1本失ってしまった場合を想像してみてください。一本だけの取り外しの入れ歯をつくりますか?それとも顎の骨に金属を埋め込み人工の歯を立てるインプラントにしますか?もしくは、神経の有無に関わらず両隣の歯を大きく削らなければならないブリッジもあります。この中から1つ選んでくださいと言われたら、あなたならどうでしょう。「これにします!」と即答できるでしょうか?まだまだ未熟な私の経験上ですが、この場合、多くの意見が割と同じように思います。
矯正歯科
当院で主に手掛けているのは小児向けのプレオルソと、成人向けのクリアアライナーというマウスピース型の矯正治療です。マウスピースを使った矯正は痛みが少ないこと、自分でいつでも取り外せること、またブラケットを使った本格矯正よりも比較的安価なことなどから年齢を問わず人気があります。
訪問歯科
国際連合は1956年報告書で、65歳以上の高齢者が総人口に占める割合を「高齢化率」とし、高齢化率7%以上を「高齢化社会」、14%以上を「高齢社会」、21%以上を「超高齢社会」としました。日本の高齢化は世界でも急速に進んでおり、平成28年はなんと驚異の27.3%です。
管楽器歯科
私(院長)は幼い頃から音楽が好きで、今でもプライベートで鑑賞したり、仲間とファゴットを演奏したりしています。同じように音楽を愛し、管楽器や弦楽器を楽しまれる方はたくさんいます。しかし管楽器と歯の関係や、歯と音の出方などに興味があり、楽器ごとのアンブッシュアもイメージできる歯科医師はあまりいません。
審美歯科
ホワイトニングとは、「歯そのものの色を白くすること」をいいます。ですので「歯をきれいにする」と一言で言っても、歯の表面に付いた煙草のヤニやコーヒー・赤ワインで付くステインをとることとは、正確には意味合いが異なります。人の顔や体が一人ひとり異なるように、歯の色や形もまた十人十色。個性があります。