平日19:30まで診察 射水市にある歯科医院 歯医者

訪問歯科 ~通院困難な方のための歯科治療~

訪問歯科イメージ

 国際連合は1956年報告書で、65歳以上の高齢者が総人口に占める割合を「高齢化率」とし、高齢化率7%以上を高齢化社会、14%以上を高齢社会、21%以上を超高齢社会としました。日本の高齢化は世界でも急速に進んでおり、平成28年はなんと驚異の27.3%です。

 

 平成17年開業から10年以上経った今、新聞のお悔み欄で開業当初来て下さっていた方の名前を見つけたり、ご家族から今は施設に入所していることを知らされたり・・・。私(院長)自身も日々の診療で超高齢化を肌で感じています。そして、お年寄りが安心して暮らせる世の中を作るのは、待ったなしの課題だと思います。

 

 歯科医師である私にできることは、通院が困難で大きな負担になっている方に対しこちらから歩み寄ること。ご自宅、入居施設、病院などへお伺いし、「“生きる”の入口」である口の健康を守り全身の健康につなげていくこと。私も含め「食べること」は楽しみのひとつです。高齢になれば多くの方が「食べることが唯一の楽しみ」とおっしゃいます。訪問診療させていただくことで、少しでもそのサポートができれば幸いです。

 

 訪問診療でできる事は基本的に診療所でできる事と変わりません。使い慣れた入れ歯の調整や新しい入れ歯の作製、虫歯治療、歯周病治療、抜歯などあらゆることが可能です。その上で、認知度、身体状況、家族構成、生活環境、QOL(生活の質)、治療費など、様々なことを鑑みて必要な治療、求められる処置を行っています。全体を通してみますと訪問診療の中で一番多い主訴は入れ歯関連です。

 

 現在、「あさひホーム吉作(富山市呉羽)」、「あさひホーム北代(富山市呉羽)」の提携歯科医院として治療・検診させていただいています。また介護施設関係者の皆さま向けに出張講座も行っています。

 

こんなお悩みはありませんか?

入れ歯が合わない
ぐらぐらの歯がある
お口の汚れ、口臭が気になる
口の中に痛いところがある
口内炎がある etc

 

「身体の健康」は「お口の健康」とつながっています。お口のケアをおこなうことで、

感染症予防になります。

お口の中の細菌の数を減少させることで、誤嚥性肺炎など全身感染症を予防します。

認知症予防になります。

噛むことは脳に刺激を与え認知症予防や言語発音機能の回復に効果的です。

姿勢矯正もしましょう。

噛み合わせが悪いと姿勢まで悪くなり、身体のバランスを崩してしまいます。

 

ご親族・お知り合いでお口のことでお悩みの方がいらっしゃいましたら

お気軽にお問い合わせください。

 

訪問歯科診療問診票PDF

ほたる野歯科医院

0766517744

↑タップで番号コピーできます。

 

 

 

活動紹介

 

●平成29年8月3日(木) だいご中田館(高岡市)でお話させていただきました。

 

●平成29年9月15日(金) 小杉・下地域包括センターで、通所型介護予防事業「いきいきコース」講師をさせていただきました。

 

●平成29年11月12日(日) 訪問歯科協会学会(東京都)に参加してきました。

東京の訪問歯科協会学会に行ってきました.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

●平成30年7月19日(木) 中田コミュニティセンター(高岡市)にて健康づくり講演会(19:30~)に参加させていただきました。連日猛暑が続く中、約80名という多くの方にお集まりいただき、ご清聴いただきありがとうございました。

2018/7/19中田健康づくり講演会.jpg 2018/7/19中田健康づくり講演会.jpg

 

●平成30年10月12日(金) 「射水市介護予防きときと倶楽部教室」でお話させていただきました。 @射水市太閤山コミュニティセンター

 

 

 

トップページに戻る

ページのトップに戻る

関連ページ

一般歯科
当院では、虫歯治療、歯周病治療、いびき治療、義歯作成、抜歯、歯磨き指導、フッ素塗布など一通りの保険治療を行っています。「虫歯ができた、歯が欠けた、歯が痛い、歯茎から血が出る」などの症状は一般歯科で扱います。その他、射水市の妊婦歯科検診・節目検診(40,50,60歳)、後期高齢者歯科検診、企業が実施する検診等も実施しています。
ヒューマンブリッジ
事故や虫歯などによって、大切な歯を1本失ってしまった場合を想像してみてください。一本だけの取り外しの入れ歯をつくりますか?それとも顎の骨に金属を埋め込み人工の歯を立てるインプラントにしますか?もしくは、神経の有無に関わらず両隣の歯を大きく削らなければならないブリッジもあります。この中から1つ選んでくださいと言われたら、あなたならどうでしょう。「これにします!」と即答できるでしょうか?まだまだ未熟な私の経験上ですが、この場合、多くの意見が割と同じように思います。
小児歯科
歯医者さんに恐いイメージがあるために、診察台を見るだけで泣いてしまう、あるいは診察室に入ることすらできないお子さんがいます。そのような場合はまず、緊張をほぐすことからはじめましょう。自分から口が開けられるようになるまで、少しずつ練習していきましょう。通院回数はかかるかもしれませんが、家族の皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。
矯正歯科
当院で主に手掛けているのは小児向けのプレオルソと、成人向けのクリアアライナーというマウスピース型の矯正治療です。マウスピースを使った矯正は痛みが少ないこと、自分でいつでも取り外せること、またブラケットを使った本格矯正よりも比較的安価なことなどから年齢を問わず人気があります。
管楽器歯科
私(院長)は幼い頃から音楽が好きで、今でもプライベートで鑑賞したり、仲間とファゴットを演奏したりしています。同じように音楽を愛し、管楽器や弦楽器を楽しまれる方はたくさんいます。しかし管楽器と歯の関係や、歯と音の出方などに興味があり、楽器ごとのアンブッシュアもイメージできる歯科医師はあまりいません。
審美歯科
ホワイトニングとは、「歯そのものの色を白くすること」をいいます。ですので「歯をきれいにする」と一言で言っても、歯の表面に付いた煙草のヤニやコーヒー・赤ワインで付くステインをとることとは、正確には意味合いが異なります。人の顔や体が一人ひとり異なるように、歯の色や形もまた十人十色。個性があります。